愛知杯2018、京成杯2018 一週前追い切り情報・注目馬

この記事は今週末開催される愛知杯2018、京成杯2018に出走予定の、注目馬の一週前追い切りに関する記事です(*^^*)!

 

まずは愛知杯から一週前追い切りを見ていきましょう!!

 

愛知杯2018

 

キンショーユキヒメ

1/3 栗CW良 一杯

81.7 65.9 50.9 38.6 11.6 [7]


一杯に追う新馬キンショーヘニーと併せ、外を3.0秒追走し、0.2秒先着。

全体タイムは81秒台ですが、ラストは11秒台の好タイムでの仕上げ。

もともと調教ではタイムを出せる馬ですが、それを考慮しても順調な仕上がりとみて良さそう。

中京2000mでは近走勝利しており、舞台設定と斤量面でも期待。

 

ギモーヴ

1/3 栗CW良 馬なり

67.2 51.9 37.4 11.7 [6]


当日騎乗予定の藤岡康太騎手が追い切りでも騎乗しています。

一杯に追う3歳未勝利ヤマカツケンザンと併せ、内を1.6秒追走し、0.5秒先着。

馬なり調教で楽々併せ馬に先着しております。全体時計もベストタイムに近く、かなり理想的な仕上がりとみて良さそう。

実戦においても前走は33.0の上がりを繰り出しており、牝馬のスロー上がり勝負となればチャンスはありそう。

 

メイズオブオナー

1/3 栗CW良 一杯

64.8 50.4 37.5 12.1 [7]


一杯に追う1600万下エンジェルフェイスと併せ、内を0.7秒追走し、0.2秒先着。

ペース配分も良く、折り合い重視の調教。走りも軽快なフットワークで前走時出したベストタイムを更新している。

春はダートを使っていたが、力をつけた今は芝でも十分。同じ牝馬相手で斤量50キロなら、人気に関係なく押さえたい。

 

マキシマムドパリ

1/3 栗坂良 強め

52.7 38.5 25.3 12.8


前走時は疲労回復のために馬なりでの調教でしたが、今回は強めに追って状態は回復している様子。

軽快な動きではあったもののタイムはイマイチで最終追い切りに期待したい。

好走時とそうでない時の差が激しい馬だが、昨年の覇者で適性は抜群。しかもG1のエリザベス女王杯でも4着と力を示しており、本来の力が出せれば当然有力。

 

 

愛知杯の一週前追い切りでの注目馬はこの馬です!

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

芝2000mは重賞でも好走しており、今回ハンデの恩恵もあるので期待できる。

重賞でも能力的には劣らない。

 

 

京成杯2018

 

タイキフェルヴール

1/5 栗CW良 馬なり

73.3 56.6 41.0 11.9 [6]


馬なりで走るオープン馬ベックと併せ、外を0.1秒先着。

ラストはしっかり伸びており、今回の一週前追い切りでも11秒台と好時計を出しています。

2連勝中ですがダートでの勝利。ただ芝でも2着しており、今回の動きであれば芝でも軽視禁物。

 

ダブルシャープ

1/4 栗CW良 一杯

83.2 67.8 52.4 38.5 12.1 [8]


一杯に追う3歳未勝利ターフェルムジーク併せ、外を1.6秒追走し同入。

リズミカルな走りで折り合いも抜群。状態は良さそうです。

夏にはタワーオブロンドンを破る活躍。能力面では他メンバーと劣らず、今回の仕上がりであれば勝負になるでしょう。

 

デルタバローズ

1/3 美南W良 ゴール前仕掛け

68.0 52.9 39.1 13.9 [5]


強めに追う3歳500万下オハナと併せ、内を0.8秒追走して0.4秒し先着。

相手も好調で強めに追っているだけに500万クラスの能力は少なくとも考えて良さそう。

今回の調教では、ベストタイムも更新。

キャリア1戦ではありますが、馬なりで後続を突き放す強い内容のデビュー戦。

今回は動きも抜群で、距離延長のみが課題。

 

ジェネラーレウーノ

1/4 美南W良 強め

69.2 52.8 38.7 13.3 [7]


若干ラストが緩んでしまいましたが、デキは今回も良さそうです。

前走は同コースの葉牡丹賞を逃げ切り、これで2000mの距離になってからは連勝。

今回もペースは上がらないと思われるので、この馬の競馬ができれば当然有力な一頭として考えるべきでしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ