天皇賞秋2017 一週前追い切り情報・注目馬

来週の10月29日に開催される天皇賞秋2017の一週前追い切りについて書いていきます。

出走馬はJRAから発表されました下記18頭です。

1.カデナ       福永
2.キタサンブラック  武豊
3.グレーターロンドン 田辺
4.サクラアンプルール 蛯名
5.サトノアラジン   川田
6.サトノクラウン   M.デムーロ
7.シャケトラ     C.デムーロ
8.ステファノス    戸崎
9.ソウルスターリング C.ルメール
10.ディサイファ     柴山
11.ネオリアリズム
12.ヒットザターゲット
13.マカヒキ       内田博
14.ミッキーロケット   和田
15.ヤマカツエース    池添
16.リアルスティール
17.レインボーライン   岩田
18.ワンアンドオンリー 横山典

 

ソウルスターリングは毎日王冠で1倍台の1番人気に支持されたが人気に応えられず8着。

キタサンブラックも1番人気に支持されていたが宝塚記念で9着に。。。

前走で負けてはいるものの天皇賞秋に向けて仕上げているのでここで走ってもおかしくない。

毎日王冠で復活したリアルスティールもこの勢いのまま上位を脅かす存在となるだろうし、強者が揃ったレースとなっております。

とにかくメンバーが豪華すぎてレースが楽しみですね!!

 

 

★一週前追い切り★

 

キタサンブラック

10/18 栗CW稍 馬なり

95.8 80.4 66.0 52.6 38.9 12.5

 

オープンクラスのジョーストリクトリと併せて、外を1.0秒追走してクビ先着しました。

稍重ですし馬なりで6ハロン80秒台は猛タイム。

動きも軽快で、宝塚記念から休養して状態も良くなっています。

良馬場での調教では6ハロン78秒台で走っていますし、追うごとに強くなっている印象です。

キタサンブラックは、逃げ馬不利なコースでも関係なく好走するのでレース傾向に関わらず予想に入れておくのが良さそうです。

 

 

サトノクラウン

10/15 美南坂稍 馬なり

56.5 41.4 26.6 13.3

 

前回ネオリアリズムと併せて、馬なりでやや早めのタイム。

今回坂路コースで入念に追い切りますが、タイムは平凡。

この馬は併せ馬で好タイムが出る傾向にあります。

前走の宝塚記念は枠にも恵まれていましたし、道悪も走れる馬なのでそこが今回も鍵となってくるでしょう。

また、距離は2000mで意外と成績が悪く、東京コースもイマイチなので今回はどうかというところ。

一週前は前走時でも物足りなさはあったので今回も最終に期待ですね。

 

 

リアルスティール

10/4 栗坂稍 馬なり

51.1 38.0 25.0 12.6

 

毎日王冠の追い切りで、坂路4ハロン40秒台と速すぎるタイムで仕上がってしまっていたため、天皇賞秋でもまだ走れるかは心配なところです。

しかし、調教も毎日王冠の最終からされておらず、天皇賞秋に向けて調整を行なっていますので最終で仕上がりを期待したいです。

天皇賞秋は去年馬券に絡んでおり、東京2000m前後は得意な馬なので完全復活した今年は、去年2着の雪辱を晴らしたいですね。

 

 

ソウルスターリング

10/18 美南W稍 馬なり

71.1 54.7 40.7 12.9

 

オープンクラスのサトノアレスの外を1.6秒先行同入しました。

仕上がりは順調で体つきも前走よりも良くなっているので、ひと叩きされた天皇賞秋では上積みは大きい。

最終はルメール騎手が実際に騎乗して感覚を確かめるとのことです。

タイムは平凡ですがラスト1ハロンでは、タイムを出していますし好調はキープされている模様。

能力は高い馬なので出遅れてしまった前走は、除いて考えた方が良さそうです。

この馬は適正を見てみると左回りの方が得意ですし、そう簡単に馬券内は外れないでしょう。

 

 

サトノアラジン

10/4 栗CW稍 強め

82.9 67.6 52.7 38.5 11.6

 

この馬も毎日王冠の最終から追い切りが行われていないですが、毎日王冠でメンバー最速の上がりハロンでしたし負担がかかっていたので休養とところでしょうか。

前走ゴール直前でもまだまだ伸びていましたので、距離が200m延長でも問題はなさそうです。

安田記念、毎日王冠は条件が良かったが今週は雨予報で馬場も悪くなりそうなので少し心配です。

末脚は他の馬にも引けを取らないので、前がつまらなければ上位争いはできると思います。

 

 

グレーターロンドン

10/4 美南W良 馬なり

52.1 38.3 12.5

 

仕上がり良好で迎えた毎日王冠では、上がりハロンメンバー最速32.6秒の末脚で3着に!

毎日王冠で好走した馬はまだ追い切りを始めていないようですね。

この馬はまだ優勝経験が無いですが、田辺騎手とのコンビでは馬券内を外していないですし、能力が高い馬なので距離延長でも3着以内は問題なさそうです。

持病の爪に悩まされず天皇賞秋へは順調に出走できそうなので改めてこの馬の末脚に期待です。

 

 

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ