天皇賞秋2017 データ分析・傾向

天皇賞秋2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

1番人気がダントツ!!

過去10年で馬券を外したのは2011年のブエナビスタが4着となった1度のみ!

複勝率90%と信頼度は高く、5割は優勝しているので絶対に予想に絡めましょう。

今年はキタサンブラックが1番人気に支持されるでしょう。

次いで2番人気が好成績ですが3,4番人気よりも5,6,7番人気が好成績で、5番人気の勝率は40%と高いで
す。

ほとんどの年が1,2,5,6,7番人気で決着していますので、人気傾向としては1番人気を中心に、2,5,6,7番人気を狙って行きましょう!

 

 

枠番傾向

4枠が人気によらず活躍していて、好走数も他の枠番に比べて多いです。

複勝率は35%と最も安定感があります。

次いで1枠が好成績で、この枠は人気馬の好走数が多く、比較的人気通りの結果となるので注意が必要です。

また、近年では3年連続で7枠が馬券に絡んでいるので、この枠も注意です。

どの枠も満遍なく成績を残しておりますが、狙うならば1枠,4枠,7枠が良いでしょう!

 

 

脚質傾向

圧倒的に差し馬の好走数が多く、人気馬よりも穴馬が活躍しています。

むしろ人気馬は人気に応えられず馬券を外す数の方が多いので差し馬の人気馬には注意です。
差し馬よりも複勝率が高いのが先行馬!

人気馬がしっかり馬券に絡んでいるため、回収率は低くなっていますが複勝率は高いです。
逆に穴馬の好走が少ないので注意です。

人気の先行馬、人気薄の差し馬を中心に狙って行きましょう!

 

 

ステップレース

毎日王冠(5,4,4,46/59)

宝塚記念(2,3,1,14/20)

札幌記念(2,0,1,11/14)

 

前哨戦の毎日王冠から出走する馬が、人気薄でも多く馬券に絡む傾向で好走数も多いです。

オールカマーを走ってから来る馬は過去10年で27頭おりましたが一度も馬券に絡んでいないため、前走がオールカマーの馬は除外しても良いでしょう。

宝塚記念で戦ってきた馬は、比較的人気になる傾向となっており、人気馬の好走率が高いため注意しましょう。

札幌記念も同じ2000mの距離なので好走しており、昨年はモーリスが優勝しています。

毎日王冠の人気薄、宝塚記念の人気馬、札幌記念で好走した馬を中心に狙っていきましょう!!

 

今年はこの5頭あたりが怪しいかと思います。

グレーターロンドン(毎日王冠3着)

ソウルスターリング(毎日王冠8着)

キタサンブラック(宝塚記念9着)

サトノクラウン(宝塚記念1着)

サクラアンプルール(札幌記念1着)

 

 

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ