京王杯2歳ステークス2017 データ分析・傾向

京王杯2歳ステークス2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

今週の重賞レース2つ目は京王杯2歳ステークス!!

今年も2歳馬の強者が集まりました!

2歳G1の阪神JF、朝日杯FSに向けて注目の1戦となりますね。

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

ファンタジーステークスと同じく、2歳オープン戦でまだ力が拮抗しているため荒れる傾向にあります。

1番人気の成績は4番人気と同じく複勝率50%となっています。

1番人気の馬は好走率が比較的低い方ですが、近年は3年連続で馬券に絡んでいるため今年も注意しておきましょう。

優勝馬は1〜5番人気の馬が7割を占めていて、5番人気は過去10年で3回しか馬券に絡んではいないが、その3回は1着なので5番人気の単勝を一発狙って見るのも良さそうです。

10番人気以下の人気薄も3回に1回ほど馬券に絡んでくることがあるため注意が必要です。

人気傾向としては、まずは1番人気、4番人気を馬券に絡めていくのが良いでしょう。

大きく当てたい方は、10番人気以下や単勝回収率の高い5番人気を一発狙うのが良さそうです。

 

 

枠番傾向

1枠4枠が複勝率30%以上で好成績ですが、勝率で言えば8枠が圧倒的!

外枠よりも内枠の方が成績は良いですが、大外枠の8枠のみ単勝回収率もプラス収支で勝率も高いため8枠の激走には注意です。

1,2,3,4枠は複勝回収率がどの枠も100%を超えており、まずは1〜4枠を中心に狙って見るのが良いでしょう。

逆に注意したい枠は5,6,7枠。

目立った成績は残せておらず、回収率もイマイチで7枠は過去10年で勝率0%なので今年も気をつけましょう。

このレースは8枠を単軸で1〜4枠を予想に絡めるのが良さそうです。

 

 

脚質傾向

逃げ馬の成績が圧倒的に高いです。

逃げ馬がそのまま逃げ切る展開が多く、人気薄でも好走するため非常に注意したい脚質となります。

逃げ馬の複勝率50%、先行馬の複勝率35%と前に行く馬が好成績で、次いで差し馬ですが追込み馬はほとんど来ないと考えても良さそうです。

複勝回収率でも逃げ529%、先行108%で、この2つはプラス収支なので押さえておきましょう。

また、逃げは穴馬の好走率が高いため単勝回収率は963%と一発狙うのも面白いです。

まずは、逃げ馬、先行馬を中心に狙って行きましょう!

 

 

ステップレース

小倉2歳ステークス(1,1,1,4/7

すずらん賞(1,1,0,1/3

 

出走数の多い新馬戦や未勝利戦からこのレースへ来る馬は、新馬(2,1,0,13/16)、未勝利(0,3,2,21/26となっており馬券に絡んではいますが成績はイマイチ

それよりもオープン戦やG3G2で戦ってきた馬の方が好成績です。

今年は重賞組がアサクサゲンキカシアスです。

サフラン賞からは全く馬券に絡まないので注意が必要です。

また、人気になりそうなタワーオブロンドン、タイセイプライドですが、ダリア賞、ききょう賞は成績が悪いので取捨は難しいところです。

まずは、成績の良い重賞組アサクサゲンキ、カシアスを中心に狙うのが良さそうです。

 

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ