スワンステークス2017 データ分析・傾向

スワンステークス2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

アルテミスステークスに続いて、スワンステークスの傾向も見ていきましょう。

京都芝1400mなので先行馬の成績が良いと思いますが果たしてそうだろうか。

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

10番人気までと幅広く人気薄が活躍する傾向となっていて、比較的荒れるレースとなっています。

3番人気が最も好成績で、次いで4番人気、10番人気となっています。

しかし、3番人気は近年では2012年のグランプリボス以来、馬券に絡んでいないので注意です。

複勝率では、1番人気と2番人気を狙うよりも10番人気の方が良いという傾向です。

優勝馬は1〜5番人気が主に占めていて、単軸はこの中から選ぶのが良さそうです。

穴馬で注意したいのが、8番人気と10番人気!

1,2番人気と変わらずの好走率で、配当も良いため狙い目です。

 

 

枠番傾向

圧倒的に外枠が有利です!

優勝馬の9割が6,7,8枠となっており、外枠を中心に狙っていきましょう。

この中では人気薄の好走率が高く好枠と言えるのが7枠。

回収率では6枠、7枠が好成績で、特に6枠は成績トップで連対率複勝率35%と高いので馬券に絡めておくと良いでしょう。

内枠か外枠で迷ったら外枠!

過去4年では、6枠か7枠のどちらかが1着となっているので、まずは6,7枠を中心に狙うのがおすすめです。

 

 

脚質傾向

脚質傾向では、意外にも満遍なく成績を残していて、差し馬や追込み馬にも注意しましょう。

好走率ではやはり前に行く、逃げ馬、先行馬が好成績で、複勝回収率ではプラス収支なので狙うなら逃げ馬、先行馬。

特に逃げ馬は複勝率70%と圧倒的に高く、人気薄の好走数も多いため、前に行く馬には特に注意したいですね。

差し馬や追込み馬はやはり実力がないと上がってこれないので、人気馬の好走が多い傾向となっています。

逃げ馬、先行馬を中心に、人気の差し馬、追込み馬を絡めて狙うのが良さそうです。

 

 

ステップレース

ポートアイランドS(3,1,0,13/17)

安田記念(2,2,2,6/12)

スプリンターズS(2,1,2,29/34)

 

ポートアイランドステークスや安田記念と1600mから来る馬の好走率が高いので、前走1600mを走った馬は注意です。

また、G1を走っている馬が実力的にも上位に来ることが多い傾向となっています。

安田記念からの馬は、距離短縮で好走する傾向にありますが、今年は出走しないので気にしなくても良さそうです。

出走数の割に成績を残せていませんが、スプリンターズステークスで好走した馬は注意が必要です。

 

 

これらの条件に合う馬をあげるとこの馬たちが怪しいかと思われます。

スプリンターズステークスで2着したレッツゴードンキ

好枠の6枠でスプリンターズステークスからの出走セイウンコウセイ

7枠で先行馬、そして京都の馬券率100%のダノンメジャー

外枠の8枠で今年のポートアイランドステークスを優勝したムーンクレスト

 

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ