エリザベス女王杯2017 データ分析・傾向

第42回 エリザベス女王杯(G1)
3歳以上オープン 京都2200m芝 定量(牝) 発走15:40

 

エリザベス女王杯2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

過去10年の人気傾向、枠番傾向、脚質傾向、ステップレースの傾向を見ていきましょう!

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

人気 成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1 (2,4,2,2/10) 20% 60% 80% 46% 98%
2 (1,2,3,4/10) 10% 30% 60% 39% 100%
3 (2,1,0,7/10) 20% 30% 30% 129% 63%
4 (2,0,2,6/10) 20% 20% 40% 217% 96%
5 (0,0,2,8/10) 0% 0% 20% 0% 83%
6 (1,1,1,7/10) 10% 20% 30% 152% 117%
7 (1,0,0,9/10) 10% 10% 10% 230% 38%
8 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
9 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
10 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
11 (1,0,0,9/10) 10% 10% 10% 771% 141%
12 (0,2,0,8/10) 0% 20% 20% 0% 335%
13 (0,0,0,10/10) 0% 0% 0% 0% 0%
14 (0,0,0,9/9) 0% 0% 0% 0% 0%
15 (0,0,0,9/9) 0% 0% 0% 0% 0%
16 (0,0,0,8/8) 0% 0% 0% 0% 0%
17 (0,0,0,7/7) 0% 0% 0% 0% 0%
18 (0,0,0,6/6) 0% 0% 0% 0% 0%

エリザベス女王杯は、比較的荒れないレースとなっていて、5番人気以内での決着や、5番人気以内2頭に7番人気までの小穴馬が1頭絡んだ結果が多いです。

1番人気、2番人気の信頼度は高く、特に1番人気は勝率が20%と低いが、複勝率では80%とほとんど3着以内には入ってくるので押さえておきましょう。

穴馬は6番人気、大穴を狙うならば11番人気と12番人気

 

去年はシングウィズジョイが2着して複勝12倍もついていましたので一発狙うならば11,12番人気

優勝馬の7割は1〜4番人気で、3頭とも4番人気以内で決着がついたレースも多いので注意しましょう。

人気傾向としては、軸はまず1番人気、2番人気を中心に狙うのが良さそうです。

 

 

枠番傾向

成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 (1,1,1,15/18) 5.6% 11.1% 16.7% 38% 27%
2枠 (2,0,1,16/19) 10.5% 10.5% 15.8% 53% 37%
3枠 (1,1,3,14/19) 5.3% 10.5% 26.3% 45% 55%
4枠 (1,0,2,17/20) 5% 5% 15% 386% 105%
5枠 (1,2,0,17/20) 5% 15% 15% 10% 72%
6枠 (1,2,0,16/19) 5.3% 15.8% 15.8% 80% 136%
7枠 (0,2,2,23/27) 0% 7.4% 14.8% 0% 30%
8枠 (3,2,1,21/27) 11.1% 18.5% 22.2% 144% 57%

外枠が若干有利な傾向にありますが、7枠は好走数の割に回収できていないので、人気馬のみ好走すると考えていいでしょう。

7枠の勝率は0%なので単勝で狙うならば一度考えた方が良さそうですね。

8枠は人気薄でも好走しており、4番人気までの人気馬は全て馬券内と安定感のある枠です。

 

次いで3枠好成績ですが、複勝率で言えば8枠よりも高く、よく馬券には絡んでいますが、回収値はそこまで高くないため人気馬だけ押さえておきましょう。

枠番傾向としては、まず8枠を狙うのが良さそうです。

 

 

脚質傾向

人気 成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
逃げ (2,0,0,8/10) 20% 20% 20% 790% 152%
先行 (1,7,2,29/39) 2.6% 20.5% 25.6% 34% 132%
差し (7,3,7,57/74) 9.5% 13.5% 23% 89% 50%
追込 (0,0,1,44/45) 0% 0% 2.2% 0% 8%

差し馬が圧倒的に好成績で、2010年から7年連続で差し馬が優勝しています。

出走数が多いため回収率はプラスではありませんが、それでも単勝回収率は89%と成績は安定しております。

京都コースなので前残りの傾向があり、逃げや先行も好成績です。

2009年に優勝した11番人気のクィーンスプマンテも逃げですので侮れません。

 

逆に、購入を勧めないのは追込馬!!

人気馬でも全く結果を残しておらず、過去10年で馬券に絡んだのは1頭のみ

ほとんど来ないと思っても良さそうです。

脚質傾向では、追込馬以外を中心に狙っていきましょう!

 

 

ステップレース

ステップレース 成績
秋華賞 (3,3,3,25/34)
アイルランド府中牝馬 (2,2,4,57/65)
産経賞オールカマー (2,1,0,2/5)
京都大賞典 (1,2,0,8/11)

G1で好走した馬の成績が最も高く、そのままエリザベス女王杯でも人気に支持されるため荒れない傾向にあることがわかります。

また、府中牝馬ステークスからの馬は穴馬注意のレースで、去年2着のシングウィズジョイ(12番人気)や2012年に優勝したレインボーダリア(7番人気)など人気馬よりも人気薄の好走が目立ちます。

出走数は多いですが、一発あるとしたら府中牝馬ステークスからの馬が多いでしょう。

 

他には近年活躍を見せるオールカマー組

2014年、2015年と続けて優勝しており、去年はいないが5頭中3頭が連対と好成績です。

オールカマーからの出走馬がいたら注意しましょう。

前レースの傾向としては、まずは秋華賞、オールカマーから出走する馬を狙うのが良さそうです。

 

一番条件が良かった馬はコチラ

⇨⇨人気ブログランキングにて紹介

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ