アルテミスステークス2017 一週前追い切り情報・注目馬

来週の10月28日に開催されるアルテミスステークス2017の一週前追い切りについて書いていきます。

 

★一週前追い切り★

 

ラッキーライラック

10/18 栗CW稍 一杯

85.1 68.0 53.0 39.4 11.5

 

2歳未勝利のメイドインヘヴンと併せて、内を0.9秒追走して0.2秒先着しました。

前走の新馬戦で前が空いたときの伸び脚は他の馬と比べ、非常にレベルが高かったです。

ゴールしてもまだ余力を残していましたし、タイムも新馬戦にしては速い。

併せ馬では内を追走しての1馬身差以上ついていますし、ラスト1ハロンは好タイム!

仕上がりは十分で最終追い切りのタイムは自己ベストを超えるかどうか楽しみです。

この馬は期待のオルフェーブル産駒なので、今後が楽しみな馬ですね!

 

ウラヌスチャーム

10/18 美南W稍 一杯

69.3 54.8 40.3 13.0

 

今回は助手ではなく井上敏騎手が騎乗しての調教。

新馬のオーフルテソーロと併せて、内を0.5秒追走して0.1秒先着しました。

前走と同じく一週前で併せ馬に先着して、順調に仕上がっていると考えて良いでしょう。

この馬は前走を上がりハロンメンバー最速の32.0秒で優勝!

そのレースで2着となったカーボナードは、そのあと未勝利戦を圧勝しG3のサウジアラビアロイヤルカップで3着の成績です。

今回の追い切りでも追えば追うほど良くなっており、能力の高さが窺えます。

東京コースでも活躍できそうな末脚を持っていますので本番でも期待ですね!

 

トロワゼトワル

10/18 栗CW稍 馬なり

81.8 65.7 51.2 37.7 12.2

 

オープンクラスのジューヌエコールと併せて、内を1.0秒追走して0.4秒先着しました。

今回の追い切りでは福永騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。

この馬は前走クビ差で優勝し、圧勝とまでは行きませんでしたが非常に能力の高い馬です。

馬なりでしたが重賞も優勝しているジューヌエコールに追走して先着していますし、追い切りタイムも2戦目とは思えないほど好タイムです。

東京マイルはロードカナロア産駒が好成績なので、アルテミスステークスでも期待したいです。

ラッキーライラック、ウラヌスチャームに人気が偏ればオッズは美味しくなりそうです!

 

スカーレットカラー

10/19 栗CW不 馬なり

70.0 52.8 39.1 12.3

 

500万下のウインクルスーパーと併せて、外を0.1秒追走して0.2秒先着しました。

今回も引き続き太宰騎手が騎乗しての追い切りです。

道悪が影響かタイムは平凡でそこまでよかったとは思えない。

ラスト1ハロンは前回よりも速くなっていますが、物足りなさが残ります。

未勝利戦を優勝した勢いで今回も力強い競馬ができれば。

 

 

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ