みやこステークス2017 データ分析・傾向

みやこステークス2017のデータ分析をしていきたいと思います!!

出走登録馬は16頭!

今年で8回目となるみやこステークスですが、このレースはチャンピオンズカップの前哨戦として、今後のG1ダート馬を輩出するレースとなっています。

去年はみやこステークスで2番人気だったアスカノロマンがチャンピオンズカップで3着と好走し、2014年はこのレースで3着だったナムラビクターが2着。このレースで支持された馬や好走した馬は続けてチャンピオンズカップでも注意していきたい。

 

⭐️データ分析⭐️

 

人気傾向

実力馬が集まる分、人気となる馬は好走率も高いです。

特に1番人気は複勝率71%と好成績で、まずは1番人気を軸にして考えるのが良さそうですね。

人気馬の中では3番人気が注意で、過去7年で1度しか馬券に絡んでいないので、購入する場合は一度考えた方が良いでしょう。

10番人気以下の人気薄は全く成績を残せていないため、大穴を狙い過ぎない方が良さそうです。

人気傾向としては、複勝率4割を超えている1番人気、2番人気、4番人気、7番人気を中心に狙っていきましょう。

 

枠番傾向

成績 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1枠 (2,0,1,10/13) 15.4% 15.4% 23.1% 35% 35%
2枠 (2,2,1,8/13) 15.4% 30.8% 38.5% 212% 112%
3枠 (1,2,2,8/13) 7.7% 23.1% 38.5% 12% 80%
4枠 (0,2,1,10/13) 0% 15.4% 23.1% 0% 75%
5枠 (1,0,1,11/13) 7.7% 7.7% 15.4% 58% 38%
6枠 (0,1,0,12/13) 0% 7.7% 7.7% 0% 30%
7枠 (1,0,1,12/14) 7.1% 7.1% 14.3% 39% 54%
8枠 (0,0,0,14/14) 0% 0% 0% 0% 0%

枠番傾向は極端に成績に表れていて、外枠の成績が圧倒的に悪いです。

内枠が好成績で、特に2枠は回収率もプラスなので好枠と考えて良さそうです。

4枠は人気馬があまり好走しませんが、6番人気のカゼノコ(2015年)、7番人気のロワジャルダン(2016年)と近年でも人気薄がよく馬券に絡む枠なので注意です。

優勝馬の7割が内枠なので、1,2,3枠中心に、9番人気以内の4枠を絡めて狙うと良いでしょう。

 

 

脚質傾向

脚質傾向はどの脚質も回収できておらず、その中でも成績が良いのは先行馬!

実力馬は先行が多く、人気も先行馬に偏っておりますが、1頭は毎年馬券に絡んでいるので注意したい。

不良馬場だった2015年では人気薄の追込み馬が2頭好走しており、脚を使う道悪ならば追込み馬が高配当をもたらしてくれる可能性も。

先行馬に次いで差し馬が好成績で、去年もグレンツェントロワジャルダンが上がり3ハロンメンバー最速で追い上げてきたので押さえておきましょう。

脚質は先行馬、差し馬を中心に、馬場不良なら追込み馬も予想に組み込んで狙うのが良さそうです。

 

 

ステップレース

ブラジルカップ(2,2,0,16/20)

エルムステークス(2,0,0,6/8)

ラジオ日本賞(1,1,1,0/3)

レパードステークス(0,1,1,0/2)

 

今年は過去全て馬券内のラジオ日本賞から出走馬はいないのが残念ですが、同じく複勝率100%のレパードステークスからは2頭が出走。

エピカリスローズプリンスダムが注目馬で、特にエピカリスは1番人気にも支持されそうで、人気傾向とも条件が合っているため、活躍が期待できるでしょう。

ブラジルカップで人気となった馬はここでも巻き返しがきくが、それ以外は好走していないためマイネルクロップは厳しいと考えて良さそうです。

 

今年はこの3頭が該当しました。

エピカリス(レパードステークス3着)

テイエムジンソク(エルムステークス2着)

ローズプリンスダム(レパードステークス1着)

 

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)!!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ