NHKマイルカップ2018 追い切り予想・日曜日追い切り軸馬予想

NHKマイルカップ2018、新潟大賞典2018の予想、日曜日軸馬予想ついての記事になります。

2レースで296,640円の払い戻し!ハンデ戦で稼ぐ方法!

先々週からLINEで繋がった自称オグリキャップ競馬世代のおじさんですが、なんと凄い馬券が送られてきました。

12点買いで173,280円払い戻し!!

そして翌日は、

36点買いで123,360円払い戻し!!

巧みな買い方で大金を手にしていてさすがベテランと思いましたが、このレース共になんとハンデ戦!!

なぜハンデ戦を攻めたのか聞いてみると、ハンデ戦に異常に強いサイトがあるので参考にしているとのこと。
参考に買った馬券の参考にした推奨画面を頂きましたが、

推奨通りで確かに173,280円的中!!
そして翌日も

推奨通りで123,360円的中!!
たった2レースで30万円近い払い戻しは驚きです。

おじさん曰くハンデ戦はかなり荒れるので、配当も取れやすく稼げるとのことです。

重賞だけでなく、ハンデ戦など平場のレースも買う方には役立つかもしれません。

⇒こちらから無料で登録できます!!
日曜競馬も頑張りましょう!!

 

NHKマイルカップ2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

今回は、最終追い切りで気になる馬の8頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

タワーオブロンドン

☆追い切り評価A☆

5/2 美南坂良 馬なり

53.0 38.0 24.6 12.0


最終追い切りでは杉原騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のアルトリウスと併せて、2.6秒の追走同入。

普段通り馬なり中心の調教で、相変わらずフットワークは軽快。

折り合いの付いた動きで、前走時よりも動きはさらに良くなっている。

前走はついに1600mの重賞を制覇し、グレードの上がる今回でも最有力馬です。

調教通りの動きなら引き続き期待できるでしょう。

カツジ

☆追い切り評価A☆

5/2 栗CW良 馬なり

83.6 66.9 51.4 37.8 11.9 [7]


最終追い切りでも松山騎手が騎乗しての調教。

馬なり調教でしたが、ラストの伸びは抜群で前走時よりも状態は上向いている。

マイナス12kgだった前走を考えると今回も馬体重は気になりますが、折り合いも付いており仕上がりは万全と言えるでしょう。

ただ、馬体重が大幅に減っている場合は注意ですね。

ミスターメロディ

☆追い切り評価A☆

5/2 栗CW良 強め

66.5 51.3 37.3 11.6 [5]


最終追い切りでも福永騎手が騎乗しての調教。

直線強めに追われ11秒台の猛タイム。

追われてからの反応も良く、自己ベストに近いタイムで仕上がりは良さそうです。

芝適正は問題ないですが、距離延長にうまく対応できるかが鍵となるでしょう。

テトラドラクマ

☆追い切り評価A☆

5/2 美南坂良 強め

52.6 38.1 24.7 12.1


一週前追い切り、最終追い切りは田辺騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。

馬なりに追われた1000万下のフクサンローズと併せて、1.2秒の追走同入。

追われてからの反応は良く、一週前追い切り同様に終いの伸びは抜群。

今回間隔を空けてしっかり調整されて仕上がりは順調そうで、東京コースは過去全て馬券に絡んでいる得意コース。

メンバーのレベルも上がりますが、G1でも可能性は十分でしょう。

ギベオン

☆追い切り評価A☆

5/2 栗芝良 強め

68.4 52.2 37.6 11.8 [2]


最終追い切りでは岡田祥嗣騎手が騎乗しての調教。

タイムの出やすい芝での調教でしたが、追われた反応は良好で終い11秒台の好タイム。

攻めかけするタイプではありますが、前走に引き続き好調キープ。

一週前追い切りにはM.デムーロ騎手が実際に騎乗して間隔を確かめており、格下の併走馬を圧倒しています。

長く脚を使えるタイプで、東京コースはプラス材料。

まだキャリアは浅いですが一発警戒したい一頭です。

レッドヴェイロン

☆追い切り評価B☆

5/2 栗坂良 一杯

53.9 39.7 25.7 12.7


一週前追い切り同様に岩田騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳未勝利馬のイシュトヴァーンと併せて、0.6秒追走して0.2秒の遅れ。

最終追い切りでは追走したとはいえ、一杯に追って格下の併走馬に遅れている。

折り合いもついていて、終いの伸びも悪くないが騎手騎乗にしてはイマイチ。

ここは様子見したい一頭です。

ケイアイノーテック

☆追い切り評価B☆

5/2 栗坂良 一杯

53.9 39.3 25.1 12.2


最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた500万下のサンライズチャージと併せて、0.5秒追走してクビ差の先着。

前走時との間隔短く、一週前追い切りと最終追い切りの2回のみ。

しかし、最終追い切りでは一杯に追われていて、前走時の疲れは残っていない様子。

一杯に追って割には近走よりもタイムを出せていませんが、動き自体は悪くない。

今回初めての左まわりとなりますが、脚質的には全く問題ないので一発注意したい一頭です。

ロックディスタウン

☆追い切り評価C☆

5/2 美南W良 馬なり

66.5 50.2 37.8 13.8 [8]


最終追い切りでは木幡育也騎手が騎乗しての調教。

全体タイムは期待されていた時の自己ベストを更新していますが、ラストは失速し調教内容はイマイチです。

近走も調教で好タイムを出した割には実戦で結果が出ていないので今回も注意です。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 16 アエロリット 2 横山典弘 牝3 55 01:32.3 2 2 34.3 クロフネ
2 14 リエノテソーロ 13 吉田隼人 牝3 55 01:32.5 1.1/2 9 9 34.0 Speightstown
3 6 ボンセルヴィーソ 6 松山弘平 牡3 57 01:32.9 2.1/2 1 1 35.0 ダイワメジャー
2016年
馬場:良
1 4 メジャーエンブレム 1 C.ルメール 牝3 55 01:32.8 1 1 35.1 ダイワメジャー
2 5 ロードクエスト 2 池添謙一 牡3 57 01:32.9 3/4 16 16 33.8 マツリダゴッホ
3 18 レインボーライン 12 福永祐一 牡3 57 01:32.9 クビ 9 9 34.4 ステイゴールド
2015年
馬場:良
1 7 クラリティスカイ 3 横山典弘 牡3 57 01:33.5 5 5 33.9 クロフネ
2 9 アルビアーノ 4 柴山雄一 牝3 55 01:33.7 1 2 2 34.4 Harlan’sHoliday
3 12 ミュゼスルタン 2 柴田善臣 牡3 57 01:33.7 クビ 11 9 33.8 キングカメハメハ
2014年
馬場:良
1 10 ミッキーアイル 1 浜中俊 牡3 57 01:33.2 1 1 34.8 ディープインパクト
2 2 タガノブルグ 17 三浦皇成 牡3 57 01:33.2 クビ 7 13 33.9 ヨハネスブルグ
3 1 キングズオブザサン 12 蛯名正義 牡3 57 01:33.2 ハナ 11 13 33.7 チチカステナンゴ
2013年
馬場:良
1 8 マイネルホウオウ 10 柴田大知 牡3 57 01:32.7 16 14 33.7 スズカフェニックス
2 17 インパルスヒーロー 6 田中勝春 牡3 57 01:32.7 クビ 12 10 33.9 クロフネ
3 12 フラムドグロワール 8 横山典弘 牡3 57 01:32.8 クビ 3 4 34.6 ダイワメジャー

・人気傾向

近年は人気馬が活躍をしておりますが、10番人気以下の大穴も多く馬券に絡む波乱レースとなっています。

2014年には12番人気と17番人気が好走し、三連単68万円といった高配当も狙える。

2017年も13番人気のリエノテソーロ、2016年は12番人気のレインボーラインが馬券に絡んでおり、人気薄でも注意が必要ですね。

人気傾向としては、現在3年連続で馬券に絡んでいる2番人気を中心に狙っていくのが良いでしょう。

【該当馬】

⑨ギベオン(2番人気)

・枠番傾向

満遍なく成績を残しておりますが、内枠よりも外枠の好走が目立つ。

過去5年で見ると1度しか馬券に絡んでいない2枠、7枠には注意で、3度馬券に絡んでいる8枠は人気馬だけではなく12番人気の大穴も好走しているので押さえておくのが良いでしょう。

大きく偏った傾向はないが、狙うとしたら8枠。

【該当馬】

⑯ミスターメロディ(8枠)

⑰レッドヴェイロン(8枠)

⑱ロックディスタウン(8枠)

・脚質傾向

人気薄はほとんど差し、追込の馬が中心。

2014年のミッキーアイル、2016年のメジャーエンブレム、2017年のボンセルヴィーソなど、逃げ馬が活躍しており、特に1番人気の逃げ馬は強い。

差し馬が好走数としては多く、逃げ、差し馬をまずは狙うのが良さそうです。

【該当馬】

③テトラドラクマ(逃げ)

⑮カシアス(逃げ)

①カツジ(差し)

④フロンティア(差し)

⑥リョーノテソーロ(差し)

⑦タワーオブロンドン(差し)

⑧ダノンスマッシュ(差し)

⑨ギベオン(差し)

⑩パクスアメリカーナ(差し)

⑪ケイアイノーテック(差し)

⑫アンコールプリュ(差し)

⑬ルーカス(差し)

⑰レッドヴェイロン(差し)

⑱ロックディスタウン(差し)

・血統傾向

サンデーサイレンス系×ダンチヒ系、サンデーサイレンス系×ヴァイスリージェント系が中心となっております。

過去5年で見てもメジャーエンブレム以外の4年の勝利馬はダンチヒ系かヴァイスリージェント系の血が入っています。

ダンチヒ系、ヴァイスリージェント系を父か母父に持つ馬を中心に狙っていきましょう。

また、ダイワメジャー産駒の一発にも注意したいですね。

【該当馬】

プリモシーン(母:ダンチヒ系)

ダノンスマッシュ(母:ダンチヒ系)

デルタバローズ(母:ダンチヒ系)

カシアス(母:ダンチヒ系)

ギベオン(母:ヴァイスリージェント系)

パクスアメリカーナ(父:ヴァイスリージェント系)

ミスターメロディ(母:ヴァイスリージェント系)

フロンティア(ダイワメジャー産駒)

・騎手傾向

横山典弘騎手が圧倒的に好成績です。

昨年はアエロリットで勝利し、2013年には8番人気のフラムドグロワールで3着するなど、人気に関わらず好走しています。

騎手傾向としては、横山典弘騎手を押さえておくのが良さそうです。

【該当馬】

なし

・追い切り注目馬

①カツジ

②ファストアプローチ

③テトラドラクマ

④フロンティア

⑤プリモシーン

⑦タワーオブロンドン

⑨ギベオン

⑩パクスアメリカーナ

⑫アンコールプリュ

⑯ミスターメロディ

☆勝負馬☆

NHKマイルカップ本命馬(◎)

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

久々で大幅に馬体重を増やしたきさらぎ賞では全く伸びず。

ただ追い切りでも軽快に馬体を絞った前走ニュージーランドトロフィーでは、早めに進出して長く脚を使う競馬。

それまで先行策が基本でしたが、新たな戦法を手に入れ、脚を溜めれる点に関してはコース替わりはプラスでしょう。

タワーオブロンドン(◯)

ききょうステークスは圧勝し、重賞挑戦の京王杯2歳ステークスでも完勝。

1400mでは圧倒的な強さを見せておりましたが、マイルに延長した朝日杯は伸びを欠いて3着まで。

短距離タイプの馬体だけにマイル延長が苦しかったかもしれませんが、今年は一回り成長。

上手く乗られたのもありますが、アーリントンカップでマイルを克服し、直線爆発させることができればNHKマイルカップの舞台でも。

ミスターメロディ(▲)

ダートでは圧倒的な強さでデビュー戦を飾りました。

前走は芝に転向していきなり重賞。

それなりに短距離メンバーが揃う中、抜け出しての完勝。

仕上がりも問題なく、芝でも良いパフォーマンスを出せるでしょう。

新潟大賞典2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

今回は、最終追い切りで気になる馬の3頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

トリオンフ

☆追い切り評価A☆

5/2 栗坂良 馬なり

54.0 38.2 24.6 12.4


一週前追い切り同様に最終追い切りも松田騎手が騎乗しての調教。

最終追い切りでは軽く流した程度の調教でしたが、終いの伸びは相変わらずで引き続き好調キープ。

前走の大阪杯では出負けして良い位置につけなかった割には良い内容でしたし、初G1でもそこまで大きく崩れることなく走れていて、レベルの下がる今回は改めて期待したい。

スズカデヴィアス

☆追い切り評価A☆

5/2 栗坂良 強め

55.8 40.0 25.3 12.4


最終追い切りでは坂路コースで強めの調教。

一週前追い切り同様に終いの伸びは抜群で仕上がりは順調そうです。

前走小倉大賞典を制したトリオンフとの斤量差は2.5kgありましたが、今回は逆に0.5kg軽くなる。

0.6秒差つけられた前走ですが、前走時よりも差は大きく縮まるでしょう。

一週前追い切りに自己ベストを更新しているだけに今回は楽しみな一頭です。

ステファノス

☆追い切り評価A☆

5/2 栗CW良 強め

85.4 68.5 53.0 37.8 11.5 [8]


一週前追い切り、最終追い切りは和田竜二騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のフランドルと併せて、内を0.5秒追走して0.2秒の先着。

ゴール前を重点に調教され、追われてからの反応は抜群で終い11.5秒の猛タイム。

しっかり折り合いもついていて、このひと追いで仕上がった印象。

ただ、トップハンデも背負い、海外遠征後一発目となる今回は期待しすぎると痛い目に会う可能性も。

軸で勝負するなら注意ですね。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:稍重
1 2 サンデーウィザード 3 石橋脩 牡5 55 01:58.6 6 6 34.1 ネオユニヴァース
2 6 マイネルフロスト 11 丹内祐次 牡6 57 01:58.6 ハナ 2 2 34.3 ブラックタイド
3 11 メートルダール 1 浜中俊 牡4 55 01:58.9 2 9 10 34.1 ゼンノロブロイ
2016年
馬場:良
1 9 パッションダンス 10 津村明秀 牡8 57 01:57.8 3 3 34.5 ディープインパクト
2 3 フルーキー 1 藤岡佑介 牡6 57.5 01:58.1 2 8 9 34.0 Redoute’sChoice
3 12 シャイニープリンス 8 幸英明 牡6 56.5 01:58.1 ハナ 4 5 34.5 キングヘイロー
2015年
馬場:良
1 6 ダコール 5 小牧太 牡7 57 01:59.6 7 7 32.9 ディープインパクト
2 4 ナカヤマナイト 13 オールプ 牡7 57 01:59.8 1.1/4 6 5 33.3 ステイゴールド
3 5 アルフレード 6 津村明秀 牡6 56 01:59.8 クビ 12 14 32.7 シンボリクリスエス
2014年
馬場:良
1 10 ユールシンギング 3 吉田隼人 牡4 56 01:59.2 11 13 33.1 シンボリクリスエス
2 5 マジェスティハーツ 2 森一馬 牡4 55 01:59.2 クビ 7 7 33.5 ハーツクライ
3 16 レッドレイヴン 1 柴山雄一 牡4 56.5 01:59.4 1.1/2 11 11 33.5 SmartStrike
2013年
馬場:良
1 11 パッションダンス 6 藤岡康太 牡5 55 01:56.9 3 2 34.3 ディープインパクト
2 7 アドマイヤタイシ 3 丸山元気 牡6 56 01:56.9 ハナ 6 6 34.0 Singspiel
3 4 ダコール 4 丸田恭介 牡5 56 01:57.4 3 13 14 34.0 ディープインパクト

・人気傾向

1番人気、3番人気、6番人気が好成績ですが、10番人気以下の大穴が好走する波乱レースとなっています。

昨年も11番人気のマイネルフロストが2着して、1番人気と3番人気が絡んだにもかかわらず三連単890倍でした。

大穴馬が好走する可能性はありますが、過去5年では毎年1番人気、3番人気、6番人気のどれか1頭が3着以内に好走しているので、まずは、1番人気、3番人気、6番人気を中心に狙っていきましょう。

【該当馬】

⑩トリオンフ(1番人気)

⑫マイスタイル(3番人気)

⑦カレンラストショー(6番人気)

・枠番傾向

内枠が圧倒的に好成績で、特に2枠と3枠は過去5年でみると、どちらか片方は毎年馬券に絡んでいるので注意が必要です。

次いで押さえておきたいのが6枠。

2016年、2017年で2年連続3着しており、今年も注意したい枠番です。

枠番傾向としては、2枠、3枠、6枠を中心に狙うのが良いでしょう。

【該当馬】

③ケントオー(2枠)

④シャイニープリンス(2枠)

⑤トーセンマタコイヤ(3枠)

⑥ラインルーフ(3枠)

⑪ハッピーユニバンス(6枠)

⑫マイスタイル(6枠)

・脚質傾向

後方からの馬が中心となっていて、特に差し馬が圧倒的に好成績です。

次いで追込馬で、先行馬は全く絡まないわけではないが絡んだとしても人気薄が多い。

まずは、差し馬と追込馬を狙っていきましょう。

【該当馬】

①スズカデヴィアス

②ナスノセイカン

④シャイニープリンス

⑧ハクサンルドルフ

⑨ナイトオブナイツ

⑩トリオンフ

⑬ステファノス

③ケントオー

⑪ハッピーユニバンス

⑮ロッカフラベイビー

⑯アウトライアーズ

・血統傾向

ロベルト系、ミスプロ系が最も活躍しています。

昨年もサンデーサイレンス系×ロベルト系のマイネルフロスト、メートルダールが2,3着しており、人気薄でも好走率が高いので注意です。

父か母父にロベルト系、ミスプロ系の血統を持つ馬は押さえておきましょう。

【該当馬】

⑦カレンラストショー(父:ロベルト系)

・騎手傾向

満遍なく成績を残しており、特に偏った傾向は見られない。

強いて言えば過去5年で2度馬券に絡んでいるの津村騎手です。

リピートレースとなっているため、騎手よりも過去に絡んだ競走馬をみるのが良いでしょう。

【該当馬】

⑨ナイツオブナイツ(津村騎手)

・追い切り好調馬

①スズカデヴィアス

⑦カレンラストショー

⑧ハクサンルドルフ

⑨ナイトオブナイツ

⑩トリオンフ

⑫マイスタイル

⑬ステファノス

⑭ステイインシアトル

☆勝負馬☆

追い切り厳選馬(

LINE@にて紹介しました。

LINE@登録後、メッセージをいただければ個別で再送いたします。

友だち追加

小倉大賞典は連勝の勢いがそのまま表れ、一頭別格の内容で完勝。

キャリアは浅いながら、G1大阪杯にも挑戦しましたが、見せ場十分の競馬内容でした。

脚はしっかり使えるタイプで新潟替わりは特に問題ないでしょう。

新潟大賞典注目馬(◯)

↓↓最強ブログランキングにて紹介中↓↓

重賞でも堅実に走るタイプで、中距離の中でも2000mは最も得意とする距離。

平坦コースでこの馬の競馬もしやすく、今回はメンバーも揃ったためマークもなさそう。

状態面は非常に良く、人気以上のパフォーマンスに期待です。

ステファノス(▲)

元々G1でも好走しており、瞬発力を問う競馬が本来。

天皇賞秋では超一流馬と併せて結果を残しており、香港帰りでも状態問題ない今回は中心視すべきでしょう。

脚をしっかり溜めて瞬発力を活かすには条件のいい新潟コースで、改めて期待です。

日曜日追い切り軸馬予想

先日に続いて日曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

【東京】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

2R

☆①マサノアッレーグラ(勝負度B)

馬なり主体での調教ですが、最終追い切りでは自己ベストを更新する動きで攻め駆けする併走馬に同入。

終いの伸びも抜群で仕上がりは万全とみて良いでしょう。

スタートが上手くいけば可能性は十分。

4R

☆⑧サトノオンリーワン(勝負度A)

調教では格上の併走馬を相手にしっかり粘って同入。

折り合いも付いていて、一週前追い切りでは重馬場で4ハロン52秒台とタイムも優秀。

乗り込み量も申し分なく今回は改めて期待したい。

5R

☆⑩ゲンパチカイナル(勝負度A)

ダート転向後連対率100%の実績で、レースごとに状態も上向いている。

追い切りでは軽めの調教でしたが、ラストもしっかり伸びていて格下の併走馬を圧倒。

加速ラップを刻んでいて引き続き好調とみて良いでしょう。

6R

☆④ディロス(勝負度A)

野路菊ステークスでは弥生賞で2着したワグネリアンと戦って2着。

前々走では青葉賞を制したゴーフォザサミットに0.1秒差の3着と、戦ってきた相手もそこそこ強かった。

前走はかかってしまい直線の伸びはイマイチでしたので、今回溜めが利く距離短縮はプラス材料。

力のある馬なので落ち着いて走れれば期待できる。

9R

☆⑤レッドオルガ(勝負度A)

マイル戦では未だ負けなし。

調教では一週前追い切りで実際にデムーロ騎手が感覚を確かめており、格上の併走馬を圧倒。

最終追い切りではベストに近いタイムをマークし、折り合いも付いていて仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

【京都】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

1R

☆⑦クルスデルスール(勝負度A)

なかなか勝ち切れず、差を大きく広げられるが2着に粘る。

間隔が短い分最終追い切りのみの調教でしたが、格上の併走馬にしっかり先着し、レースごとに良くなっている。

3戦連続2着で安定感もあり今走も2着以上は期待したい。

4R

☆⑤キングフォルテ(勝負度A)

最終追い切りでは攻め駆けする馬に遅れをとりましたが、

折り合いは付いていて状態は安定。

近走も結果を残しており、ここでも堅実でしょう。

9R

☆⑥アルモニカ(勝負度A)

重賞ではなかなか結果を残せていませんが、

今回は間隔を空けてしっかり乗り込まれ仕上がりは良好。

最終追い切りにも自己ベストを大きく更新する動きで、調教通りの動きならば好走が期待できる。

相手は、レースごとに力をつけているアルジャーノンの一発に注意したい。

11R

☆⑩セカンドテーブル(勝負度A)

本来の調子を取り戻してきていて、前走も力強い走りでアタマ差の2着。

調教ではいつも通り好タイムを出しており、最終追い切りでは馬なりの調教でも終い11秒台の猛タイム。

一週前追い切りでは自己ベストを更新し、仕上がりは万全でしょう。

【新潟】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

9R

☆⑧ワンダーグロワール(勝負度B)

このメンバーであればワンダーグロワールの方が力はひとつ抜けている。

5戦連続で馬券に絡んでおり、近走はかなり安定してきた。

前有利のコースなので今回は注意したい。

12R

☆⑪ブランメジェール(勝負度A)

一週前追い切り、最終追い切りの動きは抜群に良く、自己ベストも大きく更新して状態は上向いている。

昇級戦の前走は力差も感じず、今回は前有利のコースで改めて期待。

相手は3戦連続で2着しているスーパーモリオン。

調教も一週前追い切りい好タイムを出しているので軽視禁物です。

LINE@はこちらです

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

11日(金)京王杯スプリングカップ(G2)追い切り厳選馬

12日(土)ヴィクトリアマイル(G1)追い切り厳選馬

18日(金)平安ステークス(G3)追い切り厳選馬

19日(土)オークス(G1)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

NHKマイルカップ2018 追い切り情報

新潟大賞典2018 追い切り情報

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ