NHKマイルカップ2018 追い切り・外厩・オッズ・出走予定馬・想定騎手など

NHKマイルカップ2018の予想オッズ、想定騎手、追い切り情報などについての記事になります。

【KLANユーザー必見】友達のおやじが、またまた発狂!!

データを取るなら、JRA-VANやターゲットを使っている人は多いと思います。
予想をするなら指数サイトとしてKLANを使ってましたが、なくなっちゃいましたよね。
今年の春、友達のおやじさんから
「KLANに代わるすげぇ指数サイトを見つけた!」と教えてもらいました!

何がすげぇんだよ!って思いますけど、この指数サイトですよね。
⇒https://www.collabo-n.com/

僕もあれからずっと使い続けているのですが、正直うまく使いこなせていませんwww
これを見てください!!

2018年5月5日(土)

2018年5月6日(日)

全部、おやじさんの的中実績です。
完全に、この指数サイトのプロになりつつありますねwww

そのおやじさんが、僕に口すっぱく言うのは、
「初めはあんま勝てなかった。
大事なのは、自分の予想スタイルを崩さないこと。
カツジが来ると思ったらカツジを買うんじゃぁぁぁ!

まぁ、見事に外れたけど。。。笑

このサイトから出される指数を参考に買い目を決めていけば、
おのずと勝てる買い方が見えてくる。」

とのことでした。
とりあえず、指数上位6位までの馬がよく馬券になるとのことです。

「今年の京都新聞杯だって、指数を見なかったら
アドマイヤアルバなんて買えなかった。
ステイフーリッシュさえも買えなかった。
3連単26万馬券当たってもーた。」

データで競馬予想をする人だったら、指数サイトは活用すればするほど勝てる!
おやじさんからの遺言です。。。笑

僕はデータ派の競馬予想をするので、自分でまとめている追い切りや外厩データも組み合わせて、もっと研究していきたいと思います!

みなさんも時間があったら見てみてください。

僕が一番便利と思ったのが、過去4年分の指数予想データがサイト内に残っているので、この重賞はどういった指数順位で3連単がとれたかなど、全レースの的中・不的中傾向が見れます。
日本ダービーの過去4年の指数結果は?天皇賞秋は?有馬記念は?
もっと言えば、
新馬戦は?障害戦は?東京芝1600mは?ダートは?

このデータをまとめていけば、そのレース毎に馬券になりやすい指数データが見えてきます。

こちらから無料でサイトが見れますので、参考にしてみてください。
⇒こちらから無料で登録できます!!

※メールアドレスを登録するとログイン情報が届き、予想を閲覧できます。

★予想オッズ、想定騎手★

出走予定馬 想定騎手 予想オッズ
タワーオブロンドン C.ルメール 2.8倍
カツジ 松山 2.9倍
ミスターメロディ 福永 4.0倍
テトラドラクマ 田辺 6.9倍
ケイアイノーテック 8.7倍
ギベオン M.デムーロ 11.4倍
パクスアメリカーナ 川田 12.6倍
レッドヴェイロン 岩田 15.9倍
トーセンブレス 柴田善 21.4倍
デルタバローズ 石橋脩 28.3倍
プリモシーン 34.8倍
カシアス 浜中 41.2倍
フロンティア 44.1倍
ミュージアムヒル 48.7倍
ルーカス H.ボウマン 54.1倍
ロックディスタウン 池添 63.8倍
アンコールプリュ 藤岡康 72.4倍
アルジャーノン 川島信 79.2倍
アイスフィヨルド 88.7倍
ダノンスマッシュ 北村友 94.3倍
ファストアプローチ 110.2倍
リョーノテソーロ 吉田隼 134.8倍

※東京芝1600m左まわりのコース

☆過去5年データ☆

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 16 アエロリット 2 横山典弘 牝3 55 01:32.3 2 2 34.3 クロフネ
2 14 リエノテソーロ 13 吉田隼人 牝3 55 01:32.5 1.1/2 9 9 34.0 Speightstown
3 6 ボンセルヴィーソ 6 松山弘平 牡3 57 01:32.9 2.1/2 1 1 35.0 ダイワメジャー
2016年
馬場:良
1 4 メジャーエンブレム 1 C.ルメール 牝3 55 01:32.8 1 1 35.1 ダイワメジャー
2 5 ロードクエスト 2 池添謙一 牡3 57 01:32.9 3/4 16 16 33.8 マツリダゴッホ
3 18 レインボーライン 12 福永祐一 牡3 57 01:32.9 クビ 9 9 34.4 ステイゴールド
2015年
馬場:良
1 7 クラリティスカイ 3 横山典弘 牡3 57 01:33.5 5 5 33.9 クロフネ
2 9 アルビアーノ 4 柴山雄一 牝3 55 01:33.7 1 2 2 34.4 Harlan’sHoliday
3 12 ミュゼスルタン 2 柴田善臣 牡3 57 01:33.7 クビ 11 9 33.8 キングカメハメハ
2014年
馬場:良
1 10 ミッキーアイル 1 浜中俊 牡3 57 01:33.2 1 1 34.8 ディープインパクト
2 2 タガノブルグ 17 三浦皇成 牡3 57 01:33.2 クビ 7 13 33.9 ヨハネスブルグ
3 1 キングズオブザサン 12 蛯名正義 牡3 57 01:33.2 ハナ 11 13 33.7 チチカステナンゴ
2013年
馬場:良
1 8 マイネルホウオウ 10 柴田大知 牡3 57 01:32.7 16 14 33.7 スズカフェニックス
2 17 インパルスヒーロー 6 田中勝春 牡3 57 01:32.7 クビ 12 10 33.9 クロフネ
3 12 フラムドグロワール 8 横山典弘 牡3 57 01:32.8 クビ 3 4 34.6 ダイワメジャー

・人気傾向

近年は人気馬が活躍をしておりますが、10番人気以下の大穴も多く馬券に絡む波乱レースとなっています。

2014年には12番人気と17番人気が好走し、三連単68万円といった高配当も狙える。

2017年も13番人気のリエノテソーロ、2016年は12番人気のレインボーラインが馬券に絡んでおり、人気薄でも注意が必要ですね。

人気傾向としては、現在3年連続で馬券に絡んでいる2番人気を中心に狙っていくのが良いでしょう。

<・枠番傾向

満遍なく成績を残しておりますが、内枠よりも外枠の好走が目立つ。

過去5年で見ると1度しか馬券に絡んでいない2枠、7枠には注意で、3度馬券に絡んでいる8枠は人気馬だけではなく12番人気の大穴も好走しているので押さえておくのが良いでしょう。

大きく偏った傾向はないが、狙うとしたら8枠。

・脚質傾向

人気薄はほとんど差し、追込の馬が中心。

2014年のミッキーアイル、2016年のメジャーエンブレム、2017年のボンセルヴィーソなど、逃げ馬が活躍しており、特に1番人気の逃げ馬は強い。

差し馬が好走数としては多く、逃げ、差し馬をまずは狙うのが良さそうです。

・血統傾向

サンデーサイレンス系×ダンチヒ系、サンデーサイレンス系×ヴァイスリージェント系が中心となっております。

過去5年で見てもメジャーエンブレム以外の4年の勝利馬はダンチヒ系かヴァイスリージェント系の血が入っています。

ダンチヒ系、ヴァイスリージェント系を父か母父に持つ馬を中心に狙っていきましょう。

また、ダイワメジャー産駒の一発にも注意したいですね。

・騎手傾向

横山典弘騎手が圧倒的に好成績です。

昨年はアエロリットで勝利し、2013年には8番人気のフラムドグロワールで3着するなど、人気に関わらず好走しています。

騎手傾向としては、横山典弘騎手を押さえておくのが良さそうです。

【出走馬診断】

タワーオブロンドン

距離を不安視されていた前走ですが、折り合いもついていて、ラストの直線も前が空くと抜群の末脚で一気に差し切った。レースごとに力をつけており、ベストは1400mですが、マイルでも問題なく走れそうですね。

この馬は普段馬なり中心に調教する馬で、一週前追い切りでは騎手騎乗で好タイムを出している。

一週前追い切りの動きが本番でも反映されるので、一週前追い切りは要チェックです。

カツジ

前走は33秒台の上がりタイムで、ゴール前もさらに伸びていて長く脚を使える馬。調教でも終い11秒台を出すように、本番でも良い脚を使ってくるので前が空けば心配はいらないでしょう。

距離も1600mでは1着、2着、1着という成績で、G1でも得意のマイルなら可能性十分。

きさらぎ賞では一週前追い切り、最終追い切りで強めの調教を行なっており、プラス14kgで5着に敗れました。

続く前走時も休み明けを叩いた形ですが、馬体重は調整されていてニュージーランドトロフィーを快勝。

太め感がある場合は最終でも強めの調教を行なっているので、最終追い切りで強めの調教なら当日の馬体重に注意しましょう。

ミスターメロディ

新馬戦をレコード勝ちをすると、続く2戦は2着に敗れましたが、立て直した前々走は2着馬に2馬身差、3着馬に7馬身差をつける動きで圧勝。前走のファルコンステークスでは芝に転向で、2歳重賞を戦ってきた猛者達を圧倒。

能力は高く、芝・ダートともに走れる馬です。

調教ではタイムの出やすい栗東Bコースや栗東芝コースを使用していて、良否の判断が難しいですが、ラストで好タイムを出すようであれば本番でも注意が必要です。

調教の動きが実戦でもそのまま反映されるので、一週前追い切り、最終追い切りのタイムはチェックしましょう。

NHKマイルカップ外厩情報

※()内は前走時

ノーザンファームしがらき

フロンティア(ノーザンファームしがらき)

ミスターメロディ(ノーザンファームしがらき)

ノーザンファーム天栄

テトラドラクマ(ノーザンファーム天栄)

ミュージアムヒル(ノーザンファーム天栄)

ロックディスタウン(ノーザンファーム天栄)

ヒイラギステーブル

カシアス(ヒイラギawaji)

一週前追い切り注目馬情報

今回は、一週前追い切りで気になる馬の6頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

タワーオブロンドン

☆追い切り評価A☆

4/25 美南坂不 馬なり

60.7 45.4 30.1 14.9


一週前追い切りは普段通り攻めの調教をするかと思ってましたが、連闘となるためか15-15で軽めの調教。

無理に追っていないことを見ると好調は維持できてそうですね。

中2週でもしっかり乗り込まれており、仕上がりは順調と考えて良いでしょう。

カツジ

☆追い切り評価A☆

4/26 栗坂重 一杯

52.6 38.2 24.8 12.1


一週前追い切りでは松山騎手が騎乗しての調教。

前走時との間隔が短いため一週前追い切りで2回目の調教ですが、重馬場の追い切りで自己ベストを更新する動き。

状態は上向いており、引き続き好調で気配は良さそうです。

折り合いもついていて仕上がりは万全。

前走時がマイナス12kgだったので、今回も馬体重は要チェックですね。

ミスターメロディ

☆追い切り評価A☆

4/25 栗CW不 馬なり

70.2 53.8 39.3 12.5 [4]


一週前追い切りでは福永騎手が騎乗しての調教。

時計を出す調教ではないので、タイム自体は平凡ですが力強いフットワークでラストの伸びは優秀。

折り合いもついていて仕上がり面は良さそうです。

日曜追いでは終い11秒台の好タイムを出しており、好調キープと考えて良いでしょう。

あとは距離延長で初のマイルにうまく対応できるかが鍵となってくるでしょう。

レッドヴェイロン

☆追い切り評価B☆

4/25 栗CW不 馬なり

88.7 73.1 58.7 44.4 13.5 [8]


一週前追い切りでは岩田騎手が騎乗しての調教。

中2週のため一週前追い切りで1回目の調教で、軽めに流す程度で疲労回復。

一週前追い切りでは普段も軽めなので、そこまで心配はいらないでしょう。

最終追い切りでは併せ馬でしっかり追われるので、最終追い切りの動きは要チェックです。

テトラドラクマ

☆追い切り評価B☆

4/25 美南坂不 馬なり

54.7 39.6 25.6 12.2


一週前追い切りでは田辺騎手が騎乗しての調教。

時計は平凡ですが折り合いもついていて、ラストの伸びも抜群で動きは悪くない。

通常では最終追い切りで攻めの調教をしているので、最終追い切りで好タイムが出るようであれば注意したい一頭です。

得意の東京コースですが、久々でうまく仕上がればというところ。

ケイアイノーテック

☆追い切り評価B☆

4/25 栗坂不 馬なり

56.8 42.1 27.7 13.6


連闘が続くため一週前追い切りでは軽めの調教でしたが、余裕のある動きで状態は安定している。

軽めの調教でもしっかり伸びていた前走、前々走時を考えるとイマイチ。

最終追い切りに期待したい 。

レースも大崩れはなく安定している馬ですが、今回東京コース、左まわりは初めてなので、うまく対応できるかが鍵。

また、前走は2着に好走したが、馬体重はマイナス12kgでしたので、今回は当日の馬体重にも注意が必要です。

最終追い切り注目馬情報

今回は、最終追い切りで気になる馬の8頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

追い切り注目馬

☆追い切り評価A☆

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

(57位くらいです)

5/2 美南坂良 馬なり

53.0 38.0 24.6 12.0


最終追い切りでは杉原騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた1000万下のアルトリウスと併せて、2.6秒の追走同入。

普段通り馬なり中心の調教で、相変わらずフットワークは軽快。

折り合いの付いた動きで、前走時よりも動きはさらに良くなっている。

前走はついに1600mの重賞を制覇し、グレードの上がる今回でも最有力馬です。

調教通りの動きなら引き続き期待できるでしょう。

カツジ

☆追い切り評価A☆

5/2 栗CW良 馬なり

83.6 66.9 51.4 37.8 11.9 [7]


最終追い切りでも松山騎手が騎乗しての調教。

馬なり調教でしたが、ラストの伸びは抜群で前走時よりも状態は上向いている。

マイナス12kgだった前走を考えると今回も馬体重は気になりますが、折り合いも付いており仕上がりは万全と言えるでしょう。

ただ、馬体重が大幅に減っている場合は注意ですね。

ミスターメロディ

☆追い切り評価A☆

5/2 栗CW良 強め

66.5 51.3 37.3 11.6 [5]


最終追い切りでも福永騎手が騎乗しての調教。

直線強めに追われ11秒台の猛タイム。

追われてからの反応も良く、自己ベストに近いタイムで仕上がりは良さそうです。

芝適正は問題ないですが、距離延長にうまく対応できるかが鍵となるでしょう。

テトラドラクマ

☆追い切り評価A☆

5/2 美南坂良 強め

52.6 38.1 24.7 12.1


一週前追い切り、最終追い切りは田辺騎手が実際に騎乗して感覚を確かめております。

馬なりに追われた1000万下のフクサンローズと併せて、1.2秒の追走同入。

追われてからの反応は良く、一週前追い切り同様に終いの伸びは抜群。

今回間隔を空けてしっかり調整されて仕上がりは順調そうで、東京コースは過去全て馬券に絡んでいる得意コース。

メンバーのレベルも上がりますが、G1でも可能性は十分でしょう。

ギベオン

☆追い切り評価A☆

5/2 栗芝良 強め

68.4 52.2 37.6 11.8 [2]


最終追い切りでは岡田祥嗣騎手が騎乗しての調教。

タイムの出やすい芝での調教でしたが、追われた反応は良好で終い11秒台の好タイム。

攻めかけするタイプではありますが、前走に引き続き好調キープ。

一週前追い切りにはM.デムーロ騎手が実際に騎乗して間隔を確かめており、格下の併走馬を圧倒しています。

長く脚を使えるタイプで、東京コースはプラス材料。

まだキャリアは浅いですが一発警戒したい一頭です。

レッドヴェイロン

☆追い切り評価B☆

5/2 栗坂良 一杯

53.9 39.7 25.7 12.7


一週前追い切り同様に岩田騎手が騎乗しての調教。

馬なりに追われた3歳未勝利馬のイシュトヴァーンと併せて、0.6秒追走して0.2秒の遅れ。

最終追い切りでは追走したとはいえ、一杯に追って格下の併走馬に遅れている。

折り合いもついていて、終いの伸びも悪くないが騎手騎乗にしてはイマイチ。

ここは様子見したい一頭です。

ケイアイノーテック

☆追い切り評価B☆

5/2 栗坂良 一杯

53.9 39.3 25.1 12.2


最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

強めに追われた500万下のサンライズチャージと併せて、0.5秒追走してクビ差の先着。

前走時との間隔短く、一週前追い切りと最終追い切りの2回のみ。

しかし、最終追い切りでは一杯に追われていて、前走時の疲れは残っていない様子。

一杯に追って割には近走よりもタイムを出せていませんが、動き自体は悪くない。

今回初めての左まわりとなりますが、脚質的には全く問題ないので一発注意したい一頭です。

ロックディスタウン

☆追い切り評価C☆

5/2 美南W良 馬なり

66.5 50.2 37.8 13.8 [8]


最終追い切りでは木幡育也騎手が騎乗しての調教。

全体タイムは期待されていた時の自己ベストを更新していますが、ラストは失速し調教内容はイマイチです。

近走も調教で好タイムを出した割には実戦で結果が出ていないので今回も注意です。

LINE@はこちらです

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

4日(金)京都新聞杯(G2)追い切り厳選馬

5日(土)新潟大賞典(G3)&NHKマイルカップ(G1)追い切り厳選馬

11日(金)京王杯スプリングカップ(G2)追い切り厳選馬

12日(土)ヴィクトリアマイル(G1)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

京都新聞杯2018 追い切り情報

新潟大賞典2018 追い切り情報

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ