京都新聞杯2018 追い切り予想・土曜日追い切り軸馬予想

京都新聞杯2018の予想・土曜日軸馬予想ついての記事になります。

LINE読者さんから合計10万越えの的中報告!!

先日いつもやりとりをしている読者さんから、

「当たればそれで良いんだ。プライドなんか捨てちまえ」

という良くわからないメッセージとともに馬券が送られてきましたww

15,000円で70,700円払い戻し!!

「えっ!?普通に凄いじゃないですか?」

と聞いたら、外厩情報から予想してるサイトがあって、それにもう全てを委ねているとのことw

どんな予想だったのか知りたく、すぐに無料登録したら、その予想が見れました。

単勝・3連複はダメだったようですが、三連単70,700円を的中できたみたいですw

そして、実際に登録して試してみたら、デジャヴかと思わせるまたまた福島1Rで予想していました。

試しに100円ずつですが買ってみました!!

まさかの三連単12,900円的中*\(^o^)/*笑

おっちゃんに連絡したところ、

おっちゃんはまた500円ずつ買ってましたww

おっちゃんに負けたのは悔しいですが、実はこのサイトはもともと騎手で外厩でも馬に乗っていたプロが情報を入手しており、やはり外厩や追い切りを制することが馬券的中への近道ですね!

登録して確認したところ毎週無料予想で買い目を出してくれていますので、重賞以外のレースも馬券を購入する方なら心強い味方になりそうです(*^o^*)!

⇒こちらから無料登録して予想を見れます

※メールアドレスを登録すると無料予想を閲覧できます。

 

京都新聞杯2018予想

まずは、最終追い切り振り返って見ましょう!

今回は、最終追い切りで気になる馬の5頭を追い切り評価を付けながら、紹介していきたいと思います。

グローリーヴェイズ

☆追い切り評価A☆

5/2 美南W良 一杯

53.4 39.0 12.1 [8]


一杯に追われたオープン馬のトルークマクトと併せて、内を0.6秒追走して0.2秒の先着。

2週続けてトルークマクトと併走し、最終追い切りではしっかりと先着。

ラストの伸びは抜群で、このひと追いで仕上がった印象です。

一週前追い切りでは自己ベストに近いタイムを出していて、前走に引き続き好走が期待できる一頭です。

乗り込み量も申し分なく、休み明けでも心配はいらないでしょう。

シャルドネゴールド

☆追い切り評価A☆

5/2 栗坂良 馬なり

55.1 40.1 25.3 12.3


最終追い切りではH.ボウマン騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた3歳500万下のアイスバブルと併せて、0.2秒追走して0.2秒の先着。

一週前追い切りでは重馬場でも終い12.2秒の好タイムを出して、一杯に追われた古馬オープン馬のストロングタイタンに差を縮める動き。

最終追い切りでも馬なり調教でラストの伸びは抜群で、仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

葉牡丹賞では皐月賞を3着したジェネラーレウーノにハナ差のレースをしており、前走の毎日杯は崩れてしまったが力はある馬です。

叩き2戦目となる今回は、上積みもあるので改めて期待したい一頭ですね。

ダブルシャープ

☆追い切り評価A☆

5/2 栗CW良 一杯

82.0 65.8 51.6 38.1 11.7 [7]


強めに追われた1600万下のクリノリトミシュルと併せて、内を0.6秒追走して0.4秒の先着。

格下の併走馬を煽る動きで、最終追い切りでは自己ベストを更新。

全体タイム82秒の好タイムにも関わらず、ラストも11秒台の伸びを見せていて仕上がりは万全とみて良さそうです。

重賞では着順を落としていますが若葉ステークスでは2着の実績と力はある。

前走との間隔は短いですが、疲れもそこまで残ってなさそうで、レベルの下がる今回は一発注意ですね。

ステイフーリッシュ

☆追い切り評価B☆

5/2 栗坂良 一杯

55.5 40.0 25.4 12.6


一週前追い切り、最終追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のヒミノブリランテと併せて、0.4秒の追走同入。

最終追い切りでは折り合いは付いていますが、一杯に追われた割にはタイムは遅い。

前走時と比べても動きは平凡。

マイナス12kgだった前走を考えると、今回は馬体重にも注意しておきたいですね。

ただ、ホープフルステークスでの実績と距離適正があるだけに軽視禁物です。

レノヴァール

☆追い切り評価B☆

5/2 栗坂良 馬なり

55.6 40.0 25.1 12.6


最終追い切りでは北村友一騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われた500万下のラレータと併せて、0.1秒追走して0.2秒の先着。

一週前追い切りでは不良馬場ということもありますが、時計を出す調教で全体タイム54.8秒は平凡。

格下の併走馬にも2週続けて遅れをとっており内容もイマイチです。

ただ、最終追い切りのひと追いで状態は上向いており、本番までに仕上がれば可能性は十分でしょう。

前走時の内容は悪くなく、安定感のある馬なので今回も軽視は禁物です。

ケイティクレバー

☆追い切り評価C☆

5/2 栗CW良 馬なり

87.5 70.6 55.2 40.8 12.5 [7]


最終追い切りでは四位騎手が騎乗しての調教。

一杯に追われたオープン馬のオメガパフュームと併せて、外を1.1秒先行して0.3秒の先着。

併走馬に先着はしましたが、大分差も縮められ、近走と比べても動きはイマイチです。

前走時との間隔が短く乗り込み量も少ない。

能力はこのメンバーでは上位ですが、軸としてはオススメできない一頭です。

☆過去5年データ

開催・馬場 着順 馬番 馬名 人気 騎手 性齢 斤量 タイム 着差 3角 4角 上り
2017年
馬場:良
1 11 プラチナムバレット 2 浜中俊 牡3 56 02:15.2 7 9 33.6 マンハッタンカフェ
2 3 サトノクロニクル 1 川田将雅 牡3 56 02:15.2 アタマ 4 3 34.0 ハーツクライ
3 2 ダノンディスタンス 6 和田竜二 牡3 56 02:15.2 クビ 2 2 34.2 ルーラーシップ
2016年
馬場:良
1 2 スマートオーディン 1 戸崎圭太 牡3 56 02:12.6 12 9 33.8 ダノンシャンティ
2 11 アグネスフォルテ 9 松山弘平 牡3 56 02:12.7 3/4 2 2 34.5 ハービンジャー
3 9 ロイカバード 4 池添謙一 牡3 56 02:12.9 1.1/2 8 7 34.3 ディープインパクト
2015年
馬場:良
1 4 サトノラーゼン 2 川田将雅 牡3 56 02:11.3 5 5 34.5 ディープインパクト
2 2 ポルトドートウィユ 1 武豊 牡3 56 02:11.4 1/2 8 7 34.3 ディープインパクト
3 15 アルバートドック 6 藤岡康太 牡3 56 02:11.4 ハナ 10 10 34.1 ディープインパクト
2014年
馬場:良
1 3 ハギノハイブリッド 3 秋山真一 牡3 56 02:11.0 10 9 34.7 タニノギムレット
2 11 サウンズオブアース 8 浜中俊 牡3 56 02:11.2 1.1/4 9 7 35.3 ネオユニヴァース
3 5 ガリバルディ 5 福永祐一 牡3 56 02:11.2 ハナ 17 14 34.5 ディープインパクト
2013年
馬場:良
1 5 キズナ 1 武豊 牡3 56 02:12.3 15 13 34.5 ディープインパクト
2 8 ペプチドアマゾン 9 藤岡康太 牡3 56 02:12.5 1.1/2 3 3 35.4 アグネスタキオン
3 12 ジャイアントリープ 11 北村友一 牡3 56 02:12.7 1.1/4 10 5 35.3 ネオユニヴァース

・人気傾向

1番人気の信頼度が高いですが、比較的荒れる傾向にあります。

10番人気以下の馬が馬券に絡むのは少ないですが、6番人気や9番人気など穴馬の好走が目立つ。

まずは1番人気を中心に狙っていくのが良さそうですね。

次いで成績を残しているのが2番人気、6番人気、9番人気です。

【該当馬】

①フランツ(1番人気)

④リシュブール(2番人気)

②グローリーヴェイズ(6番人気)

⑪アルムフォルツァ(9番人気)

※5/4(土)19時半時点

・枠番傾向

内枠が圧倒的に好成績です。

中でも2枠が4年連続で馬券に絡んでおり、その内3年が1着している。

2枠には今年も注意が必要です。

次いで成績が良いのは3枠と6枠。

特に6枠は人気薄の好走が多いので一発狙える枠となっています。

【該当馬】

③レノヴァール(2枠)

④リシュブール(2枠)

⑤タニノフランケル(3枠)

⑥メイショウテッコン(3枠)

⑪アルムフォルツァ(6枠)

⑫ユーキャンスマイル(6枠)

・脚質傾向

昨年は先行馬が2頭馬券に絡みましたが、後方が届くレースとなっていて、逃げ・先行よりも差し・追込馬の方が活躍しています。

逃げ馬はほとんど馬券に絡んでおらず、逃げ馬は除外しても良さそうです。

傾向としては、差し馬を中心に狙って行くのが良いでしょう。

【該当馬】

①フランツ(差し)

②グローリーヴェイズ(差し)

④リシュブール(差し)

⑪アルムフォルツァ(差し)

⑫ユーキャンスマイル(差し)

⑬ステイフーリッシュ(差し)

⑭アールスター(差し)

⑮シャルドネゴールド(差し)

・血統傾向

近年はリファール系、ロベルト系、ヴァイスリージェント系の血を持った馬が活躍しており、サンデーサイレンス系×リファール系は2年連続で優勝している。

ディープインパクト産駒が圧倒的に好成績で、母父にリファール系、ロベルト系、ヴァイスリージェント系がいたらベスト。

【該当馬】

①フランツ(サンデー×ロベルト)

・騎手傾向

複数回馬券に絡んでいる騎手を挙げてみると、浜中騎手、川田騎手、武豊騎手、藤岡康太騎手の4人です。

特に偏った傾向もないため、この4人を押さえておくのが良さそうです。

強いて言えば、武豊騎手と川田騎手は人気馬に乗っての入着ですが、浜中騎手と藤岡康太騎手は人気薄でも好走しているので一発狙うなら浜中騎手と藤岡康太騎手。

【該当馬】

②グローリーヴェイズ(浜中)

⑩レイエスプランドル(藤岡康)

・追い切り注目馬

②グローリーヴェイズ

⑤タニノフランケル

⑩レイエスプランドル

⑪アルムフォルツァ

⑫ユーキャンスマイル

⑮シャルドネゴールド

⑯ダブルシャープ

☆勝負馬☆

京都新聞杯本命馬(◎)

↓↓人気ブログランキングにて紹介中↓↓

最終追い切りでは一杯に追われた古馬オープン馬と併走してしっかり先着し、本番に近づくにつれて動きもよくなっている。レースごとに力をつけており、近走はなかなか勝ちきれないレースが多いですが、今年一発目を叩いた今回は上積みも期待できる。

距離延長が鍵となってくるが、最初の内に飛ばさなければ可能性は十分。

⑮シャルドネゴールド(◯)

前々走は青葉賞を2着したエタリオウに先着し、葉牡丹賞では皐月賞を3着したジェネラーレウーノにハナ差のレース。力はある馬ですが、前走は硬さもありなかなか直線で伸びず。

今回ひと叩きして状態は良化。

調教でも良い伸び脚で好仕上がりですし、改めて期待したい一頭です。

①フランツ(▲)

調教は普段通りイマイチでしたが、この馬は実戦で変わる馬。血統的にも条件は揃っていて、M.デムーロ騎手がグローリーヴェイズではなくこちらに騎乗している点も気になる。

前走はパンコミードの斜行もひどかったが、2着したオールフォーラヴに2馬身差の圧勝。

オールフォーラヴは次走の3歳オープンを制し、相手もそれなりにレベルは低くない。

今回頭数も多くなり、脚質的にも詰まってしまう可能性はあるが、前が空けば前走同様に一発ある。

土曜日追い切り軸馬予想

先週に続いて土曜日のレースでも追い切りで良い動きをしている馬を見つけました*\(^o^)/*

これらの馬を軸に勝負していきたいと思います!!

【東京】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

5R

☆③レーヴドリーブ(勝負度A)

馬なり主体での調教でしたが、最終追い切りでは格上の併走馬に引けを取らない動きで同入。

前走も好内容で状態は上向いている。

昇級戦でも一発目から楽しみな一頭です。

7R

☆⑧ヒルダ(勝負度A)

一週前追い切り、最終追い切りでは格上馬を圧倒する動きで、最終追い切りでは自己ベストを更新。

前走時よりも上積みが期待できる。

ダート転向後は4戦中最低が4着で、残りは全て馬券内という安定感。

前走も2着した東京コースで今回も押さえておきたい。

9R

☆⑭マジカルスペル(勝負度A)

今回他の有力馬が1600万で活躍していますが、東京コースでの成績があまりよくない。それであれば多少オッズ妙味もありそうな、昇級馬のこの馬。

馬なり主体の調教でも一週前追い切り、最終追い切りでは好タイムをマークし仕上がりは順調。

一週前追い切りでは終い11秒台の猛タイムを出し、本番でも調教通りの動きならば一発ある。

11R

☆⑥コズミックフォース(勝負度A)

一週前追い切り、最終追い切りでは折り合いのついた動きで、併走馬を圧倒している。終いの伸びも抜群で引き続き好調。

京成杯2着の実績があり、東京コースでも未勝利戦で結果を残している。

得意の舞台で改めて期待したい。

【京都】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

2R

☆⑨タガノヤマト(勝負度A)

前走時との間隔が短いが最終追い切りで一杯に追われて好タイムを出している。しっかり加速ラップを刻んでいて好調キープと考えて良さそうです。

前走はアタマ差で2着に敗れましたが、今回は前走と同様のコースで改めて期待したい。

5R

☆⑰ブルーメンクローネ(勝負度B)

坂路コースで入念に調教されており、最終追い切りでは52秒台の好タイムで仕上がりは万全。近走でも結果を残している併走馬を圧倒し、能力の高さが伺える。

デビュー戦一発目から期待。

8R

☆⑭ボナパルト(勝負度A)

今回は最終追い切りで一杯に追って自己ベストを更新。距離短縮で結果も安定してきており、1200mはこの馬にとってもプラス。

力関係で見てもこのメンバーなら力は上でしょう。

9R

☆③ハギノアレス(勝負度B)

連闘が続くが今回は軽めの調教でも折り合いはついている。好調維持で昇級戦となる今回は、斤量も55kgで可能性は十分。

京都だけ結果を残せていないが、相手もそこまで強くないので一発注意。

10R

☆⑤テーオービクトリー(勝負度A)

馬なり中心の調教でしっかり乗り込まれ、最終追い切りには抜群の伸び脚で好タイムをマーク。仕上がりは万全と考えて良いでしょう。

京都コースは実績もあり、前走は展開も向かなかったので今回改めて期待したい。

【新潟】追い切り軸馬予想

※勝負度A → 追い切り予想での軸馬候補

※勝負度B → ︎追い切り予想での一発期待馬

7R

☆⑬ダノンコスモス(勝負度B)

最終追い切りでは、加速ラップを刻み、ラストも11秒台の好タイム。格下の併走馬を煽りあっさり先着し、状態は上向いている。

前走は福島でしたが、JRA転入一発目から2着に好走。

叩き2戦目となる今回は上積みもあるので注意したい。

10R

☆①トップホライゾン(勝負度B)

連闘が続きますが、今回は一ヶ月空けての出走。乗り込み量も今回は多く、しっかりと調整されている。

最終追い切りではベストに近いタイムを出していて、終いの伸び脚も評価できる。

近走はレースごとによくなっておりここでも一発ある。

LINE@はこちらです

直近のLINE限定配信スケジュールは下記になります。

5日(土)新潟大賞典(G3)&NHKマイルカップ(G1)追い切り厳選馬

11日(金)京王杯スプリングカップ(G2)追い切り厳選馬

12日(土)ヴィクトリアマイル(G1)追い切り厳選馬

友だち追加

通常のLINE配信は毎週19時半頃お届けする予定です*\(^o^)/*

今週の追い切り情報

今週末に行われる重賞の追い切り情報も更新していますのでご参考に。

NHKマイルカップ2018 追い切り情報

京都新聞杯2018 追い切り情報

新潟大賞典2018 追い切り情報

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ